キャリコンの極言

キャリコンで仕事をしていくには

 

「カウンセリングそのもの自体に価値を持たない」こと。

 

なぜなら、無意識に情報を「出し惜しみ」をしてしまうから。

 

(養成講座等の高額な学費を考えると、価値を持ちたくなるのだが・・・)

 

何より、クライアントに対して100%の支援が出来ていないことになる。

 

一般的に得られる(知られている)情報は時間の経過と共に古くなっていくので、

 

惜しみなく伝えていくことが「支援者」の仕事ではないかと思う。

 

資格取得後は、常に情報を入れ替えていくことが仕事になっていく。

 

ただ

 

一般的ではない情報に、問題意識高く取り組み研究して得たものには価値があると思う。

 

つまり

 

コンサルタント自身の価値を高める努力をする方が、結果的に活躍の場が広がるキャリコンになれると思う。